HOME > 特集 > 初心者ランナーの シューズ選び

初心者ランナーの靴選び

健康のため、美容のため、体力アップ、メタボ対策など、ランニングを始める理由は人それぞれ。
ちょっとしたウエアとランニングシューズさえあれば、老若男女を問わず誰でも始められる気軽さがランニングの魅力です。
でも、実際にランニングシューズを選ぼうと思うと、どれを選んでいいか悩むもの。
ランニングシューズは、ランナーの目的や実力によってさまざまな種類が用意されています。異なったシューズを履いていると、思わぬケガにつながることも少なくありません。
ランニングシューズを選ぶときに、覚えておきたいポイントをお教えします。

細田さんのシューズ選び

ランニングを始めて4年。これまでフルマラソンに4回チャレンジ、大会前は週4~5日、1回5~20kmを走っている細田さん。昨年の長野マラソンは、両足トラブルのため33km地点で無念のタイムオーバー。リベンジに燃える今年、細田さんが相棒に選んだランニングシューズは?

細田さん写真 ランニング初心者の方が靴選びをする時に大切なことは 注意

矢印

※一般的に、ランニングを始めたばかりの方は筋肉が少なく、着地時の衝撃を吸収するための筋力や、重心をスムーズに移動するための筋力が十分に備わっていません!

矢印

バックグラウンド

安定性が高いとは、着地から蹴り出しまでの間に、足の軸がブレたり、足がぐらついたりするのを防ぐことをいいます。ソールの一部を固くすることでシューズの安定性は高くなり、体の中心軸がブレない走りを実現できます。

立っているときに片ひざにかかる衝撃は体重の半分ですが、走行時は最大で体重の3倍の衝撃がひざにかかります。初心者ランナーは、靴底が厚くてクッション性の高い、衝撃をしっかり吸収してくれるものを選びましょう。

合わないシューズを履いていると、足が持っている本来の機能を発揮できないばかりか、疲れの原因にもなります。足のサイズや形は人それぞれなので、販売員に相談し、お店で実際に履いてみましょう。

レベルや目的に応じて仕様はさまざま。
走る筋力に見合ったシューズを選ばないとパフォーマンスの低下はもちろん、体への負担が大きくなってしまいます。

「軽い」ということは、それだけ余分な部分をなくし、スピードを出すことを目的としているため、それだけ脚への負担は大きくなります。初心者は靴の重量が重くなっても、足を守る機能がしっかりとしたものにしましょう。

バックグラウンド

軽さとクッション性、安定性、フィット性などランニングに必要な機能満載。足首から下が内側に倒れ込むオーバープロネーションを防ぐデュオマックス機能(ソールに硬さの異なる素材使用)で長時間のランも安心です。

フルマラソンを完走するためにクッション性のよいものを選びました。かかとはもちろん、フォアフットでもクッションが効いていますね。履き口のパットもやわらかくて、足首を包み込むようなフィット感で安心感があります。

バックグラウンド
img01

スタート前は降りしきる雪、気温は0℃……。長野市は1961年以降最も遅い積雪となり、雪の中で行われるのはもちろん大会史上初。強い風が濡れたウエアに吹きつけます。じっとしているスタート前は皆さん寒そう。ゴミ袋を即席の防寒具にしている参加者が多かったそうです。

img02

「路面は積雪しているので、はじめは滑ると思いましたが、特に問題なかったです。どうせシューズは濡れるので水たまりでも気にせずバシャバシャ走りましたが、跳ね返りの水が、ほかのランナーや沿道の応援の方にかかったかも(笑)。ゴメンナサイ」と細田さん。

img03

スタート! 降りしきる雪のなか、スタートと同時にトップに躍り出たのは招待選手の川内優輝選手(埼玉県庁)。このままの勢いで、日本人選手としては大会史上初となる優勝を成し遂げました!

img04

沿道の応援の方へハイタッチ、声援には「ありがとう!」を心がけたという細田さん。走っているランナーも寒いですが、ずっと立ちっぱなしで声援を送っている沿道の方々はもっと寒いんです。寒いなか応援してくださった皆さん、ありがとうございました!

img05

ゴール! 「42km表示を見て、涙が出てきました。完走ゴールした時は両手でガッツポーズし、雄叫びをあげてしまいました」。悪天候のなか、細田さんはなんと自己ベストを更新する04:20:47で完走! シューマートから参加した3人のランナーは、全員無事完走したそうです。

結果写真

普段はミッドフット(足底中部)での走行ですが、疲れてくる後半はかかと着地になってしまうので、衝撃を和らげてくれるクッション性に助けられました。シューズのおかげで、こんな悪天候の中でも完走&自己ベスト更新ができました!
まだまだタイムは縮められるんじゃないかと、次回レースへの意欲まで湧いてきましたよ。完走直後は、とにかく身体が冷えきっていたので、それどころじゃありませんでしたが……。ゴール会場で勝利の美酒「熱燗」を飲んで、身体の芯から温めましたよ(笑)。

結果写真