「シンプルで語れる」SLACK FOOTWEAR

SLACK
デザイナー KAZUYA YASUDA氏
SLACK
公式サイトより 2020/SSコレクションが展開中

都内のセレクトショップやファッション業界を中心に話題となっている新進気鋭のスニーカーブランド「SLACK FOOTWEAR」。ファッションアドバイザーの MB 氏もyoutubeで紹介するなど、業界人も含め、既存のスニーカーや、王道ブランドでは事足りない拘り人達に、男女問わずウケています。

実は、そんな「オシャレ」なスニーカーのデザイナーさんと、シューマートには意外な繋がりが!
この記事は、SLACK FOOTWEAR デザイナーである、KAZUYA YASUDA 氏の「スニーカー作りに対するアツイ想い」と、ご自身の「原点」についてをご紹介します。


SLACK
デザイナーの拘りが細部にちりばめられた看板モデル「CLUDE」


コンセプトは「KEEP IT SIMPLE」

靴のテクニックと現代的な機能素材を融合し、新たなデザインを模索する「SLACK FOOTWEAR」のコンセプトは「KEEP IT SIMPLE, STAY INNOVATIVE」。
そのコンセプトや今後の展開などについて、シューマートスタッフがインタビューしました。

スラック

―― コンセプトの KEEP IT SIMPLE について教えてください。

「KEEP IT SIMPLE」これがSLACK FOOTWEAR の最大の魅力です。世の中にシンプルでスタイリッシュ、高品質でリーズナブルなアパレルは数あれど、 同条件を満たすスニーカーは驚くほど少ないことから、そのニーズに応えるべくブランドを構想しました。SLACK は男女問わずどんなファッションスタイルでも履き回せる、高品質なアイテムを提案し続けます。

現在は、全国各地のセレクトショップの靴店、海外のショップからもオファーをして頂き、コラボレーション、POP-UPも勢力的に行ってブランド認知もされるようになってきました。



SLACK FOOTWEAR の拘り


―― 革靴ブランドとスポーツメーカーの両ステージで経験を積んでこられた安田氏の、制作への拘りポイントはどんなところでしょうか

今までの経験の集大成である「革靴のテクニックとスニーカーのテクニックを融合したスニーカー」をシンプルで誰にでも履けるデザインに落とし込むことで、シンプルながらにも多くを語れる「語れるベーシック」がコンセプトになっています。
ファッション性も重視していますが、拘りはアウトソール(靴底)にあります。 歩きやすいこの独自開発のアウトソール(靴底)には約1 年も費やしました。



SLACK FOOTWEAR デザイナー安田氏の原点。

KAZUYA YASUDA(以降安田)氏は自他共に認めるスニーカーフリーク。

スニーカーの魅力を知るきっかけとなったのは、母親が勤務していたシューマートで出会った男性スタッフでした。

「何故、そこまでスニーカーが好きなのか。」
そして、スニーカーデザイナーを目指すに至ったその原点とは?

安田氏の「原点」ともいえるシューマートスタッフとの対談が実現しました。


【対談】安田氏 × シューマートスタッフ 白石氏


右 中学生の安田氏 左 新入社員時の白石氏
右 中学生の安田氏 左 新入社員時の白石氏

episode.1 「スニーカーマスター白石君」との出会い


安田)今から 24 年ほど前に松本にあるシューマートでお会いしたのが初めてでした。
今はもう存在しないお店ですが、今でもあの当時の思い出を鮮明に覚えていますよ!

白石)僕はシューマートに入社したばかりで初めての店舗だった。松本芳川店でした。

安田)新入社員だったなんて!!驚きです!!
1995
年のスニーカーブーム到来。僕は、当時中学 2 年生でした。
足元に何のスニーカーを履いているかでその人のステータスが左右されるような時代でした。

友人と同じスニーカーをかぶらないように履く、先輩の履いているスニーカーに憧れる。
履きたいけど盗難が怖くて履けない。
体育のサッカーの授業はスニーカーが汚れるのが嫌でボールを蹴るなんて考えられなかった。

白石)今思うとあの当時のスニーカーブームは凄かったよね。確かにそんな時代だった!

安田)そんな青春時代に 1 人の男性との出会いが長くて大きな夢のスタートになりました。
家に帰ると母親に「今日、白石君何か言っていた??」

白石)ん?白石君?

安田)思春期なのにこの会話だけは母親と本当によくしたなぁと今でも思い出します。
母親の勤めるシューマートに白石さんも働いていました。
当時は「白石君」って呼んでいました(笑)母親が「白石君はね!!」と話したからだと思います。

白石)安田くんのお母さんには確かにそう呼ばれましたよ。

安田)安田家では白石君は完全なファッション界のカリスマ。
スノーボード、ダンス、スニーカーマニア
そんなイメージがすごく大きくて雑誌より早いスピード感ある情報に圧倒されましたよ。

白石)あの頃は学生気分も抜けず、ヒップホップは続けていたし、スノーボードもやっていましたね。
いや、若かったなぁ、自分・・・

安田)中学生から見た高校生ってものすごく大人に感じるのに、さらにもっと上のお兄さんってもうアイドルみたいな領域で!!
そんな人が身に着けている、お奨めしてくれるスニーカーなら間違いがあるわけがないと思っていました。

服を買いに行っても「白石君はこういうもの着ていたよ」と耳に入ればすぐに買っていたし、シューマートへは本当によく遊びに行きました。お店に白石君がいるとなればもう心臓がバクバクいうくらい緊張した。

白石)それ、言い過ぎでしょ!!

安田)当時、白石君は髪形を 2 ブロックにしていてかっこよすぎて行きつけの美容師さんに同じ髪型にしてもらおうと思ったら休みで・・・
行ったことがない美容院で 2 ブロックにしたらおばちゃんとのイメージが全くあっていなくて、すごく変な髪形にされて夜中泣きじゃくったことも思い出します。
そのトラウマから今でも髪を切りに行くときは違う場所には切りに行けない体になってしまいました。

白石)そうなの?
そんなにチェックされていたのですね・・・

安田)はい(笑)そのくらい自分に影響をあたえてくれた「お兄ちゃんみたいな存在」でした。

 

episode.2 「人生を変えたスニーカー」との出会い


手前オレンジ×ブルー、奥のグレー×ネオングリーンのフューリーロードは当時から大切にしている一品
手前オレンジ×ブルー、奥のグレー×ネオングリーンのフューリーロードは当時から大切にしている一品

安田)1996 年にフューリーロードの日本限定カラーとして発売されたモデルがあって。今日、持ってきました!

白石)懐かしいねぇ。覚えているよ!

安田)これは雑誌に掲載された瞬間に何か感じるものがあって・・・
カラーはオレンジ×ブルー、グレー×ネオングリーンの 2 カラーでした。
だいぶ、加水分解と変色しちゃっていますが。

白石)しっかり履き込んでいるし、保存状態も悪くないね。

安田)雑誌の掲載。
そこに追い打ちで白石君より「絶対にこれは買った方がいいよ!!」
この言葉が僕の人生を変えた一言であると断言します。
すぐに母親にお願いして購入。
2
色とも購入!!毎晩、室内で履いては脱いで、鏡で合わせて、ベッドで一緒に寝ていた(笑)

毎晩、クリスマスの朝みたいな嬉しさがこぼれ落ちる、あの感じが味わえた。
修学旅行に履いて行ったが土足厳禁の場所には袋にいれて肌身離さず!!
正直、奈良、京都めぐりなんてどうでもよかったかもしれない(笑)

白石)その気持ち、わかる気がする!
僕もあの当時は、月に数足ペースでスニーカーばっかり買っていました。
履かずにとってあるものもありました。デッドストックってヤツですね。

 

episode.3 「スニーカーデザイナー」の夢


安田)そんな中学生時代にすでに決めていた夢が「いつかシューマートに自分のデザインしたスニーカーを置きたい」でした。すごく簡単に決めた夢でしたが性格がもう一直線タイプだったので。

白石)中学生?僕はまだハナタレ小僧でしたよ。中学生にして、その夢を持ったなんて凄いなぁ。

安田)それしか見えていなかった。何をやるにもスニーカーの為!!というピラミッドの頂点がその夢でした。
この頃に、白石君も異動になってしまい、お会いできないままお互いに歳を重ねました。

白石)そうですね。私は新潟県の上越市に転勤になりました。

安田)高校生の時はサッカー部に所属していたけど、毎日練習で休みもなくスニーカーもなかなか履く機会がなかった。本当はバイトして色んなスニーカーが買いたくてしょうがなかった 3 年間でした。
僕が高校生の時に靴のデザイナーとして有名だったミハラヤスヒロさんみたいなデザイナーになりたいと目標も持った。

白石)高校でシューズデザイナーを目標にしたのですね。

安田)いつか三原さんに直接会って色々お話したいという夢が 2 番目の夢でした。
そして 3 番目が世界進出!!この 3 つの夢は死ぬまでに叶えたい夢でした。

白石)シューマートに自分のデザインしたシューズを置きたい夢が一番?一番簡単に叶いそうだけど・・・

安田)でも東京に上京し、いきなりチャンスが訪れました。駅を歩いていたらミハラさんとすれ違ったのです

白石)いきなり夢は実現?!

安田)いいえ、頭が真っ白になって、なんかバッグの中のペンと紙を探しながらサインをもらおうと必死に追いかけたのですが、銀座線のホームへと消えて行ってしまって・・・

白石)惜しかったね!

安田)なかなかチャンスを掴めず一つも夢を叶えられずに 20 代が終わってしまいました。
でも、無駄に終えたとは1mmも思っていない。ずっと付け狙っていた 20 代でした。

白石)付け狙っていたなんて、ストーカーじゃない(笑)

 

episode.4 「スニーカーデザイナーとして叶えたい夢」とは


長年の思い入れのスニーカーを前に語る安田氏と白石氏
長年の思い入れのスニーカーを前に語る安田氏と白石氏

安田)30 代になり SLACK FOOTWEAR を友人と立ち上げた。と同時に運までもが走り出した。

白石)ここ最近の話ですね。

安田)なんと、靴関係の知り合いの方にミハラさんをご紹介して頂き、事務所で色々とお話ができて長年の夢が1つ叶えられました。

白石)いきなり?
それ、凄い!

安田)そして海外出店のお話も頂き、香港に進出もできて二つ目の夢を叶えられました。

白石)一気に二つの夢!?トントン拍子だね!

安田)あと一つ・・・「シューマートに自分のスニーカーを置きたい」この夢がなかなか叶わなかった。

白石)安田くんにとっては、一番の夢だった。そうだよね。

安田)はい。
最後のピースを埋めるには色々してきたが最終的には本当に熱い思いだけしか残されていなかった。
ストレート真っ向勝負!
シューマート本社にて自分の思いをぶつけさせて頂きました。
社長様をはじめバイヤー様にも暖かいお言葉を頂き、ご理解を頂けて最後の夢を叶えることができました。

白石)2 19 日の事だね。

 

episode.5 「スニーカーマスター白石君」との再会


出会った当時の思い入れのスニーカーと
出会った当時の思い入れのスニーカーと

安田)そんな中、サプライズで白石君いや白石さんが登場!!!!!
目の前に24年ぶりの白石さんが現れた瞬間,長年積み上げに積み上げた何かが一瞬にして崩れ去りました。

白石)僕も少しばかりドキドキしていました。以前に手紙を貰ったり、電話をくれたりしていたよね。
やり取りは少しあったけど、直接会うのは 24 年ぶり?お互い顔もわからないし(笑)

安田)僕は涙が勝手に出たのはやはり白石さんの背中をずっと追い求めてきた証拠であると思っています。
無意識に出た涙には自分の意志なんか全くなく、体が勝手にそうしてくれたからこそ自分でも自信をもって確信できた。

白石)僕もびっくりの連続でしたよ。安田さんの息子さんが靴業界にいたなんて。
しかも、目の前でポロポロと泣かれちゃったしね(笑)

安田)24 年って!!長かったけど最高に楽しい人生を白石さんには頂く事ができました。

白石)24 年かぁ。僕もだいぶ老けましたよ・・・
安田くんもおおきくなったね。(笑)

安田)37 歳で幼少期に抱いた自分の叶えたい夢を全部叶えられました。
夢の続き。今度は恩返しをしたいのです!

 

episode.6 若い世代の人生を変えられるような存在を目指し「新たなる」挑戦へ


安田)自分のやってきたことで地元を含め色々な方に SLACKFOOTWEAR を履いてほしい!

白石) 1 章の夢は実現した。でも、また新たなスタートラインに立った!!
そうだよね?

安田)はい!
長野県に関しては足元を SLACK FOOTWEAR で埋め尽くしたいです。
そうして自身が白石さんに出会って人生を変えてくれたように、自分も若い世代の人生を変えられるような存在になりたいと残りの人生の第 2 ステージの夢が決まりました。
白石さんに出会っていなければ確実に今このポジションにいないのは確定です!

白石)それ、言い過ぎ!(笑)
でも、SLACKFOOTWEAR のスニーカーは気になるデザインばかり!!僕も買わせてもらうね。
今後の更なるご活躍を期待しております!!!

安田)自分を作り上げてくれた大きな存在でこれからもいてください。
本当にありがとうございます。

 

<2019 年 7 月 SLACK 展示ルームにて取材>
対談の臨場感を活かし、そのまま口頭文にて掲載しています。ご了承ください。



最後に

安田氏からシューマート、長野県の皆様へのメッセージ


―― 歩行時の履き心地とファッション性を融合した特異まれなスニーカー、今後の展開はどのように考えていますか。スニーカーデザイナーとしての目標はありますか?

私の抱いてきた最大の夢である、「シューマートに自身のスニーカーを置き、⾧野県の方々の足もとを SLACK FOOTWEAR で埋め尽くせるようしたい」と思っています。
そうすれば、原点のシューマートへの恩返し。何よりも今までたくさん世話になった両親への恩返しになります。大好きな地元松本の方々、そして⾧野地域の方にも履いて頂き、「地元⾧野県から世界に向けてSLACK FOOTWEAR を本気で発信したいと思っています!」
どうぞよろしくお願いいたします。



SSモデルのシューマート展開店舗はこちら

長野エリア
長野稲里店 /
松本村井店 / 松本つかま店

新潟エリア
長岡マーケットモール店

群馬エリア
前橋吉岡店 / 伊勢崎宮子店

2020年2月中旬頃入荷予定です