今どきのランニングシューズの選び方


話題沸騰!!
トップランナーが選んだ厚底ランニングシューズ

最近、各大会やTVでも話題となっているナイキを代表する厚底シューズ。

駅伝で区間新記録を連発して一躍有名になりましたね。

マラソン世界新記録を出したキプチョゲ選手、日本新記録を樹立した大迫選手も、この厚底シューズ。

これまでは薄底が主流だったマラソンシューズとは正反対の厚底。

その魅力とは一体何なのか。

厚底と薄底、どちらのランニングシューズを選べばいいのか?

足と靴の専門家シューフィッターがお答えします!



爆発的な推進力を生み出す厚底シューズ

厚底シューズの魅力

厚底シューズの最新モデルのソールには
カーボンファイバープレートが埋め込まれた特殊な構造で
最長4センチも厚みがありながら、男性用198グラムと軽量。
着地した時にカーボンファイバープレートが曲がり、元に戻ろうとする反発力を利用して前に押し出す仕組みです。


◆厚底シューズのメリット

1、安定したスピードが出やすい

2、飛び跳ねるような感覚で楽に走れる

3、衝撃が吸収され足が守られる

4、歩幅が伸びる


速度がアップしたり、衝撃が吸収されるならランナーにとってこんないい靴はないですよね!

ところが

このメリットは人それぞれなんです。


◆厚底シューズのデメリット

1、歩幅が伸びるので使いこなす筋力が必要

2、着地時の沈み込みで横ブレが生じやすい

3、足に合わないと捻挫する可能性がある


厚底シューズは、つま先から着地するフォアフット用が多く、
ヒールカウンターが比較的ありません。足が出来上がっていない初心者や、
今までフォアフット走行をしたことがない人がいきなり厚底シューズを
履いただけでは、すぐに性能や効果を100%発揮することは難しく、ケガの恐れもあります。


初心者にはヒールカウンターがしっかりある、安定性を持たせた厚底シューズをおすすめします!


アフリカ系のエリートランナーたちは、脚の長い骨格と、幼少期から裸足で過ごしているために、自然とフォアフット着地を身につけると言われています。

逆に日本人は、整備された平らな道路環境で育ったため、かかと着地のヒールストライク着地がほとんどだと言われています。



足本来の感覚を鍛える薄底シューズ

薄底シューズの魅力

ナイキが新たな厚底を開発するまでは、トップランナー向けのシューズは「薄さ勝負」。

軽さはもちろんのこと、地面の感覚がダイレクトに伝わりやすいのが薄底の良さなんです。



薄底シューズのメリット

1、軽い

2、地面の感覚がダイレクトに足に伝わる

3、足が鍛えられる



人間の身体は、何も考えずに走っているようで、実は意識せずに身体のバランスをとって正しい走り方を調節しているんです。


そして、


足が鍛えられるのは薄底の一番の良さ。


衝撃を感じながら走っていると、人間が本来走る時に必要な筋肉に対して

正しく鍛えることができるんです。

日本人と外国人には筋力の差があります。

ランナーにとって足を鍛えることは必要不可欠なのです。


思った以上に足の感覚って大切なんですね。


そして

デメリットも。



薄底シューズのデメリット


デメリットはやはり、衝撃なんです。

靴底が薄い分、その衝撃は強く、膝や腰、足首にかかる負担は大きいんです。

ロングランにはご注意を。



厚底?薄底?結局どちらがいいの?

結局のところ、

「自分に合った靴」がいいんです。

その人の骨格や筋力、走り方によって一人一人合う靴が違うんです。

シューマートつくば研究学園店ではランニングフォームをスローモーション動画でチェックし

腰や肩の使い方、膝のブレ度合い、着地パターンなど走り方のクセや特徴を確認し、

お客様にあった靴選びをご提案しています。

新しい靴選びは自分のフォームを見つめ直す機会にもなるし、モチベーションも上げてくれますよね。

ご自分にあった靴選びを楽しんでくださいね!





ランニングのお悩み、ご相談ください

シューマート では足と靴の専門家シューフィッターが在籍しています。

足や靴のお悩みをお聞きし、足の計測を行いお客様にあった靴をご提案しています。

ランニングを始めたい方、タイムが伸びずに悩んでいる方は是非ご相談ください!


つくば研究学園店にランニング相談コーナー「RUNSURU」開設


ランニング相談コーナー
「RUNSURU」

担当スタッフ
シューフィッター 横山

休日にランニングをし、年2回フルマラソンに参戦しています。初心者の方大歓迎です。ぜひご来店ください。